ふと鏡を見てふと思いついたこと

スキンケアクリームのナノアルファでスキンケア中に、ふと鏡を見てふと思いついたことがあります。

充分に保湿された肌は柔らかく、柔らかい肌にはしわはできにくのかも、ということなのですが、いかがでしょうか。

目尻にできてしまった笑いじわや、口の両端のほうれい線がなんとかならないものか、と思っていたのです。

スキンケアクリームのナノアルファを試し始めてしばらく経ち、肌がしっとり柔らかくなってきた頃から気になっていたしわも、気にならないくらいになっていました。

何が原因でこうなったのか、きちんと知っておきたいところですが、とにかく結果オーライというところでしょうか。

気がつけばいつの間にかアラサーになり、日々の仕事をこなしていたある日の事、鏡をチラっとのぞいて見てかなりビックリしました。

鏡に映りこんだ目の下のクマ、はっきり増えているシワ、これらが今の私の生活を形にして見せられたように感じました。

この日から、私の心境に変化が生まれたのです。

どれ程疲れていようが、家に帰ったら面倒がって洗顔すらできないまま、朝まで眠ってしまったりせず、するべきスキンケアクリームのナノアルファのケアをちゃんとする。

そして、お肌を守ってあげよう、顏のシワをこれ以上増やさないよう、全力を出そうと思いました。

なお、パックすることでお肌のシミ対策に効果があります。

美白や保湿をしてくれる成分を贅沢にしみこませているシートマスクでパックすれば、シミの原因であるメラニン生成の抑制を働きかけ、肌がワントーン明るくなるでしょう。

思いがけなく日焼けした際にとても効果的で、日が変わらないうちに、適切にケアを行えば、シミ予防に効果があります。

それと、甘いものはつい食べてしまいがちですが、要注意です。

糖質は、お肌がくすみ、老化を早める原因になるのです。

糖分とタンパク質が結合することで、老化が加速してしまう糖化産物が身体のあちこちに増えるのです。

真皮でコラーゲンが糖と反応すると、いわゆる黄ぐすみになったり、シミの増加や、シワ、たるみを起こしたりする原因を招いてしまいます。

肌にできてしまったシミは、それだけで見た目年齢に影響するため、厄介なものです。

そんなシミのメカニズムを探ってみると、表皮の細胞の内に生成されてしまったメラニン色素がはがれずに肌に残ってしまったものです。

肌のターンオーバーを促進することでシミを目立たなくしやすいのですが、スキンケアクリームのナノアルファを使えば、さらに効果がアップします。

ちなみに、年齢を重ねるに従って肌は薄くなるため、スキンケアクリームのナノアルファを使いながら、肌の状態には気を付けた方が良いと思います。