アトピーだと医者から診断された

息子がアトピーだと医者から診断されたのは、まだ2歳のときでした。
膝の裏がかゆいと動作で訴えていたので、診断を受けた皮膚科の医者からはステロイドを処方されました。
ステロイドを2年あまり治療に使い続けて、ちょっとずつ子供の様子をみていたのですが、かゆみや皮膚の赤みが収まってはまた発生してと繰り返し、一向に回復した、という状態までいきませんでした。
結局、保湿剤を漢方薬に変えて、色々見直してやっと、子供が小学生になる頃には、アトピーの症状は鎮静化しました。
どうして私が便秘になったのかというと、多分、運動不足のせいだと思います。
毎日の通勤手段も車なので、ほとんど歩く事もありません。
犬などのペットがいるわけでもないので、散歩に行くようなこともないのです。
そのような事情で、私は便秘なのでしょう。
便秘の改善にもなるはずなので、今日からウォーキングを行おうと思います。
便秘に良い食べ物は、食物繊維、はぐくみオリゴや乳酸菌を内蔵する 発酵食品といわれています。
頑固な便秘の人は、便が固く腸内に滞留した状態に到達しています。
とにかくこの状態をなくして、便を出やすく柔らかくするため、第一に水分と水溶性の食物繊維を摂りながら、はぐくみオリゴや乳酸菌で腸内を整えるのがいいでしょう。
事実、アトピーで出る症状は大変にきびしい症状になります。
暑い寒いを問わず1年中耐え難いかゆみとの闘いになります。
夏場の汗はかゆみを増大し、冬場になると今度は乾燥でかゆみが増します。
その上、食べ物にもアレルギーがあることも多く、間違って食べてしまうと、かゆみだけに留まらず腫れたり、呼吸困難に陥ることもあります。
はぐくみオリゴや乳酸菌が身体や腸のために良いというのは誰でもわかっています。
でも、はぐくみオリゴや乳酸菌は胃酸にさらされるので、せっかく摂取しても胃でなくなって効果が出ないのではというふうに期待していない人もいます。
しかし実際は乳酸器の生死は関係なく摂るだけで腸の免疫機能がアップして、ひいては体の健康増進に繋がっていくのです。
お腹が便で膨れて苦しんだ事って絶対に一生に一度は誰でも体験するものだと思います。
特に辛い時は一週間お腹が張った状態のままなんてこともあります。
便秘に効果的な薬もありますが、私はアレが身体に合わないみたいなので、穏やかに効いてくれるオリゴ糖で改善しています。
お腹に優しく作用してくれるのがいいですよね。
娘のインフルエンザ対策の接種に伺いました。
私は注射の瞬間は怖くて目をそらすのに、娘は6歳なのに、注射の針をじっと見て注射をされています。
予防注射の後は怖かったーと口にしていました。
見ているから、普通以上に怖いんじゃないかな?と睨みましたが、何も伝えれませんでした。
身体にはぐくみオリゴや乳酸菌が良いことはわりと知られた事実ですが、一方で効かないという説もあります。
これも本当かもしれません。
そのわけは、それぞれ個人差がありますし、あくまでもはぐくみオリゴや乳酸菌は菌であって、効き目が出る薬ではないからです。
はぐくみオリゴが効果ないなら自分に合うものを試してから考えましょう。